顧客層を絞ったノベルティの利用

イベントや売り出しなどで集客する場合、ノベルティを利用して来場者に粗品を配ることがあります。

配布する際に注意する点として、配布する商品の選択は十分考慮することが大切です。イベントや展示会の来場者は不特定多数の人がたくさん来場しますが、目標とする顧客層にアピールする際には、対象となる顧客の年齢層や性別などを把握して準備する必要があります。日常的使う雑貨や文具であれば大半の顧客に利用される可能性はありますが、同じ文具でも年齢層が変わるとつかってみたいと感じる商品の種類も違います。

筆記用具も男性と女性では違うタイプのものを選びますし、年齢が違えば書きやすい筆記用具の種類も変わってきます。ノベルティの商品を選ぶ際には、ありきたりの商品を選んだだけでは、アピールしたい顧客に相手にされない可能性もあります。粗品や記念品は使ってもらえて会社名を覚えてもらえることで、認知度を上げることができるので、使わずにしまい込まれたり廃棄されると効果は全くありません。

対象とする年齢が低い場合、特に女性の場合は便利なもの以外にも、デザインであったり身近なものに対する感覚が違います。学生や若い会社員であればクリアホルダーのデザインだけをとってもカラーの好みが異なるために、ありきたりのカラーでは関心を持たれることは難しくなります。ノベルティの選択は商品だけでなく、使用する顧客の立場に立った商品を選ぶことで、宣伝効果が高まっていきます。
3

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *