イラストを得意な方もノベルティは活用法があります

一般的にノベルティと言えば、会社などが販売促進用として利用するというイメージがあります。

イベント会場などでも利用されることが多く、その目的は消費者に対して宣伝をすることを意味しています。ノベルティグッズはインターネットで運営をしている専門店から簡単に入手できますが、多くの事例で名入れをすることが多く、会社の場合でも例外ではありません。名入れをすることでオリジナル品として配布することができるようになり、抜群の宣伝効果を生む出すことも可能です。

実際には他の用途も考えることができ、例えばイラストを自主的に描くことを得意にしている方であれば、本人が作成したイラストをノベルティグッズに名入れをする方法が効果的です。具体例ではクリアファイルやキーホルダー関連、マグカップやトートバッグなど他にも小物雑貨は数多く専門店側で用意しているので、イラストを入れやすい商品で、尚且つ消費が見込めるものを選択することがベストです。

この手順で作成したノベルティグッズは、自身のホームページで商品として販売をすることの他、各種イベントに参加するような場面がある方は、イベント会場でも直接に販売する方法も効果的です。価格に対しても自由に決定することができるので、例えば名入れを含めて1つを350円で購入できたノベルティグッズの場合、500円で販売してみると30%の粗利益を得ることができるというシステムです。当然ながら発注するには最少ロット数が決められているので、販売目的で利用する際には、売れると見込めるアイテム探しは欠かせません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *