ノベルティをどう配布するか

商品やサービスを拡販するためのイベントやセミナーを企画し開催したり、企業名やブランド名の知名度を上げるために合同展示会に出展する機会に、来場者にノベルティを配布することがあると思います。

ノベルティは配布後にもその企業やブランドだったり商品を思い出してもらい、次の購買活動に繋がるなどの効果を発揮します。ではそのノベルティで効果を上げるためには、どのように配布するのが良いのでしょうか。むやみに来場者全員に配布するのではなく、何か条件を満たした相手にのみ配布するルールを作っておくと良いでしょう。例えば名刺交換をしてもらった来場者であったり、アンケートに回答してくれた人に渡すなどです。

そのようにして、今後の販促を出来るように個人情報を入手したり、次の商品開発などに役立つマーケティング情報を提供してもらうなどのメリットがある場合に、コストをかけて準備したノベルティをお渡しするという事です。またノベルティはどのような効果を狙うか、考えた上で準備するべきです。

例えば企業やブランド名を覚えてもらいたいのであれば、ロゴなどが日常的に目に触れやすいようにロゴ入りのボールペンやクリアファイルといった物が良いでしょう。もしくは企業イメージを植え付けたいという狙いであれば、例えば環境配慮に注力しているのであればエコに役立つアイテムを配布してエコ活動を広めることを兼ねてもいいでしょうし、デザイン性の高さなどを印象付けたいのであれば配布物のデザイン性にもこだわるべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *