ノベルティグッズで企業イメージと宣伝効果を高めよう

企業やサービス名を認知してもらいやすいノベルティグッズですが、上手に利用することで宣伝効果を高めることができます。

どんなに優れている企業であっても、消費者に知ってもらうためにはプロモーションが必要です。そのためには何らかのグッズを配布することで、消費者が受け取ったときに自社製品や企業名など、自然に記憶に残るようにしなければなりません。さらに持ち歩きやすい実用的なものなら、家族や知人の目に触れて多くの商品の中から選んでもらえる可能性も高くなるでしょう。

知名度が上がれば上がるだけ選ばれる可能性が高くなりますし、グッズや一度購入した商品に好印象を持ってもらえれば、ブランドのイメージも確立できます。では、どのような時に配布すればよいのでしょうか。例えば来店時に手渡りしたり、サービスの開設時に記念品として渡す、年末などにお世話になっている企業への挨拶回りで渡すなどの方法があります。

また多くの消費者を対象として街頭で配ったり、イベント開催時に配布するという手段も取られることが多いようです。場所選びも大切ですが暑い時期ならうちわ、寒い時期ならカイロなど時期を考慮して配布するグッズを選択するのもよいでしょう。すぐに使えるものなら、消費者も喜んでくれます。エコバッグやトートバッグ、オリジナルのタオルに年末ならカレンダーなども人気があるようです。

年齢層や職種など多岐にわたりますので、万人が使用できるものを選ぶ必要があるでしょう。ノベルティグッズは確かにオリジナル性を出しやすいものではありますが、使いにくいものをもらうと逆にマイナスのイメージを持たれる可能性が考えられます。ですから使いやすく外出時や家に置いても邪魔にならないもの、さらに実用的で持ち歩いても恥ずかしくないように適度に企業名をアピールしたノベルティにするとよいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *