ノベルティの目的が変化している理由

ノベルティは従来、展示会や商品説明会などで集客をするための重要なものとして考えられてきました。

そのためより高価なものや特徴的なものが選ばれる傾向があり、来場者がもらって喜ぶことを前提に選ばれる傾向が強くなっていたのが実情です。単純に展示会や商品説明会に人を集めるために利用されていた傾向があり、その後の用途はあまり気にされていなかった傾向がありました。しかし最近では、展示会や商品説明会の効果が広範囲に求められるようになっています。

来場者のフォローはデータ上で管理され、来場者の中で実際に商品を購入した比率のほか、様々な購入までのビジネスステージと呼ばれる段階のどの部分まで到達したかがデータとして管理されることが重要視されるようになりました。これに合わせて、ノベルティも顧客を購入のステージまで引き上げるために重要な要素を含むものとして考えられる傾向が強くなっています。現代のノベルティは単純に来場者がもらって喜ぶだけではなく、その後の様々なシーンで顧客が商品の利用価値を考えるためのツールとして役立つことが重要視されます。

デザインは商品を連想させるものであることが多い上、目につくところに企業名や商品名を表示する手法や、簡単に営業マンへの連絡先を知ることができる機能などが盛り込まれ、このノベルティを使用する中で商品の購買意欲を引き立てる要素を含んでいることが重要視されているのがポイントです。現在の販売プロセスの中で重要な販売活動を行う要素が、ノベルティの中に含まれています。そのため、従来のような貰って嬉しいものではなく、より高いセールス効果を生み出すものが要求されている傾向があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *