ノベルティのアイテム選び

事業者がノベルティを配布する目的は販売促進や広告など、お金は受け取らなくても見返りを期待するのは経営として当然です。

受け取る側に喜んでもらって、知名度向上・売上アップを図ることができればユーザーにとっても会社にとっても最高の結果と言えます。反対に、お金をかけて一つ当たりの単価が高くても受け取る側の心に残らなければ無駄になり、ノベルティにかける費用の分値引きのセールをした方がましという残念な結果に終わってしまいます。印象に残って知名度を上げるためには、身近で使ってもらったり、身に着けてもらうのが有効です。たとえば筆記具は必需品ですが、だれもが持っているものをノベルティにしても、それまで使っていた愛用品にとって代わるだけの魅力がなければ机の肥やしになってしまいます。

たとえばカラーとボールペン・シャープペンの多機能ペンや、トップがタッチペンとしてスマホやタブレットで使えるなどのオリジナル性があれば、新しいアイテムとして持ち歩いてもらえる可能性が上がります。

その他、ペーパーナイフやレターオープナーのように、なくてもいいけどあると便利なもの、立場を自分に置き換えて持ってはいないけれど人に借りたことがあるものなどを探してノベルティにするのも効果的な方法です。なお、電動レターオープナーや時計など、電池で稼働するものは高級感もアップですが、電池交換をして使い続けることができるかもチェックポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *