効果的なノベルティグッズ

ノベルティを制作するには予算が必要ですが、それは無限大ではなくある程度限られた中で最大限の宣伝効果を見出すことが求められています。

マーケティングの予算が少ない時には、コストが低いノベルティの活用が選択されます。低コストで制作できるものを選び、宣伝効果も長いのでコストパフォーマンスも良いです。どのような企業でも競合相手がいるものですが、既存の顧客がライバル企業へ向かってしまうことを避ける必要があります。ノベルティグッズには顧客を引き離さない効果があるとし、常にアイテムを見ると自社を思い出してくれるという効果を期待しています。特に営業マンが必須としているアイテムは名刺ですが、そこには名前はもちろんのこと、連絡先が記載されているのが一般的です。

そこへノベルティグッズをプラスすることで、競合との差別化を図ることができます。名刺と一緒に自社ロゴや社名が入っている付箋や、ボールペンなどを渡すこともできます。名刺交換は様々な場所で行われていますが、グッズを取り入れることで他とは違う印象を持ってもらえます。ただグッズを作るだけでは費用が効果を期待することができず、費用の無駄にもなります。

効果を高めるためにはシンプルなものを作ることは基本で、低予算で高い宣伝効果を作ることを期待します。インパクトを狙って複雑で凝ったものを制作すれば、それを渡すターゲットも絞られますし魅力自体が失われます。せっかく渡しても使われることなくタンスの肥やしになったり、最終的に破棄される可能性も高まります。企業名やロゴが入っているボールペンや、カレンダーなど毎日目にするもんが好まれています。シンプルであり、さらに実用的なものが多くの人に渡しやすいですし効果があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *