ノベルティの効果と選び方

ノベルティグッズを配布する目的は、繰り返し使用してもらうことで企業のロゴや名前を覚えてもらうことです。

プリントされている名前や商品名は無意識のうちに記憶に残ることから、長期的な目で見て商品購入などのタイミングに思い出してもらえます。ショッピングの時など、その企業の商品を選んでもらえる可能性が高まります。そのためには長期的に使うことができるノベルティが理想で、その効果が長く持続します。グッズ自体にインパクトがあり、便利で使いやすいものであれば気に入って使ってもらえます。無料なのに高機能・かっこいい・持っておきたいという感覚が好感度につながります。

その結果としても記憶された企業名やブランド名に対して、好印象を持ってもらうこともできます。展示会などでは集客いつ買うことができ、イベントなどでプレゼントとして魅力的なものを用意すれば、話題にも登りやすくなります。よくあるのがアンケートをとって、データの収集をする時、その返礼品としてノベルティを渡すのも効果的です。また企業名やブランド名をアピールするためには、配る場所や目的を意識しながら選びます。

特にイベント会場では人がたくさんおり、混雑することが考えられます。現地ですぐに使うことができるうちわや扇子は人気があり、スポーツの観戦ではスポーツタオルもすぐに使ってもらえる可能性が高まります。またイベントではたくさんのパンフレットをもらうことがありますが、それをまとめて入れることができるポーチもすぐに使ってもらえます。イベントの記念としてとっておく人も多いですし、他の目的で再利用する人も出てきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *