ノベルティを選ぶときに注意すること

ノベルティを選ぶときは、貰い手に使ってもらえるかを考えることも大切ですが、法的に注意するべき点もいくつかあります。

キャラクターがデザインされているものは、まず著作権や商標権の侵害になっていないかを確認します。最終的に法律違反にならないことでも、倫理的に望ましくないことも省いていきます。違反することで配ってしまったノベルティを全て回収しなくてはいけなくなったり、それに伴い企業のイメージも損なう可能性があります。商品を購入したときにもらえる特典としてのノベルティは、景品表示法に基づいて作っていく必要があります。購入してもらう商品の価格によって、金額が定められています。

例えば対象商品が5、000円未満のときは、商品価格が20倍で5、000円以上だと10万円までと決まります。商品の購入者に対して全員同様のものを配るときは、商品の価格が1、000円未満であれば200円までとなっています。1、000円以上は商品価格が20倍で、価格の20%までに定められているのが現状です。

景品表示法がありますが、高額なノベルティを提示することでの客寄せを防ぐことができますし、それぞれのモラルを守ることができます。企業や商品をアピールするための効果的なツールでもありますが、受け取った人に喜んでもらい長く使ってもらえるものを作ります。どのようなシーンでどのようなタイミングに配るのか、ターゲットはどのような人かを意識しながら選びます。著作権や商標権など、法的な決まりもしっかりと確認した上で配布していきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *